整腸作用のある食べ物


にんにくがからだによいことはみなさんよく知っていることと思います。
あの独特のにおいからも、なんだかパワーが出ている感じがしますよね。
実は、にんにくは疲労回復だけでなく、不眠症の改善や生活習慣病の予防、そして便秘解消法としても効果があるのだそうです。
におい成分であるアリシンが、腸の蠕動運動を活発にし、また腸内のビフィズス菌を増やすこともできるのだそうです。
しかしからだによいからと、にんにくを食べ過ぎるのは負担をかけてしまいます。
毎日食べることを習慣にするのなら、1日1かけ程度にしたほうがよいでしょう。

スポンサードリンク

ほかに整腸作用がある食べ物として、りんごがあります。
お腹をこわすとりんごのすりおろしやくず煮などを食べて治した経験はありませんか?
お腹をこわす=下痢に効果があるということは、整腸作用に優れているからであって、もちろん便秘解消法としても有効です。
りんごに含まれるペクチンやりんご酸、またくだもの全般に含まれる果糖が腸を刺激して蠕動運動を高めるのです。
特に皮には食物繊維であるペクチンが豊富に含まれていますので、便秘解消のためにりんごを食べるのであれば、皮ごと食べてください。
皮ごとすりおろしたりんごとヨーグルトを混ぜて朝食に食べるのも効果大だと思います。
下痢のときには皮をむいて食べるほうがよいかと思います。

毎日ヨーグルトを食べる、これも便秘解消法の中でもとてもメジャーな方法です。
テレビCMでも「お腹が張っちゃって・・・」「そんなときにはこれ!」とヨーグルトの宣伝をしています。

ヨーグルトがなぜ便秘解消法として有効なのでしょうか。
それはヨーグルトによって腸内の善玉菌である乳酸菌を増やすことができるからです。
ヨーグルトに含まれる乳糖が、ビフィズス菌など乳酸菌の食べ物になるのです。

ビフィズス菌などの乳酸菌には、腸の蠕動運動を活発にする働きだけでなく、からだの免疫力を高めたり悪玉菌を抑制したり、がんを予防する働きなどもあります。
健康な腸も、悪玉菌より乳酸菌などの善玉菌が優勢になっていることで保たれます。
しかし乳酸菌の寿命は短いのです。
そのため、毎日ヨーグルトを食べ続けることが大切になってきます。

しかし朝食をヨーグルトだけにする、というのはよくありません。
食事量が減ってしまうと、便を十分に作ることが出来ず、便秘解消どころか別の問題も出てきてしまいます。
主食と汁物、野菜を摂った上でヨーグルトも食べるようにしましょう。

ヨーグルトばかりだと飽きてしまう、という人は、時々シリアルにヨーグルトをかけた朝食にしてみたり、ヨーグルトアイスや飲むヨーグルトなども取り入れるとよいでしょう。
また乳製品が苦手という人には、粉末状のビフィズス菌も発売されています。
毎日補給したいものですので、これらの健康食品を利用するのもひとつの手です。

健康のために、お腹のために、これらの整腸作用のある食品を日々の食生活に上手に取り入れてくださいね。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

食事の仕方
毎日の食生活を見直すことは、便秘解消法の基本です。 便秘のタイプに関わらず、食......
朝食をしっかり摂る
仕事や付き合いが忙しく、夜遅くに帰宅、お風呂に入って寝る、朝起きて身支度したら......
ハーブティーと薬草茶の効果
ハーブと聞くと、おしゃれな西洋料理に添えられているイメージがあって、普段の生活......
便秘に効く食べ物
いろいろな便秘解消法を試してみたけど効果がなかった、だから便秘薬を飲んで出す、......
オリゴ糖と油
便秘解消法の一つとして毎日ヨーグルトを食べてお腹の中のビフィズス菌を増やすとい......
アルコールとたばこ
飲み会の翌日にはきまって便が緩くなる人、いませんか? とくにビールをたくさん飲......
野菜ジュースを作って飲む
テレビ番組で美しさと健康の秘訣を尋ねられた女優さんが「毎朝オリジナルのジュース......

▲このページのトップへ