S状結腸マッサージ


便秘の症状がある人は、腸の蠕動運動が弱くなっていますので、そんなときは便の移動に合わせてマッサージをしたり押したりすると効果的です。
数ある便秘解消法のうち、マッサージは直接的に腸に外側から刺激を与えるもので、この一連の動作をトイレに座って行なうと排便しやすくなるでしょう。

スポンサードリンク

便秘解消法の一つとして挙げられるマッサージは、大腸の蠕動運動で便が移動していく方向に合わせて行います。
おへそのまわりを時計回りに押しなでていくのですが、よくお腹が痛いときには「の」の字を描くようにマッサージするとよいと聞くのは、これは大腸の蠕動運動の方向に沿っているからなのです。
マッサージするときは便の流れを意識して、おへその下、右下腹部、おへその上、左下腹部、と時計回りに10回程度、軽く押してください。
最後にS状結腸の上から両手を揃えて軽く押すと効果的です。
S状結腸は左下腹部の腰骨の内側あたりにあり、ここは便秘になると便がたまることが多い場所で、仰向けに寝た状態でこの部分を確認すると、便秘気味の時は張っているのがわかると思います。
便秘には、この部分を刺激するのがとても効果があります。
おへその左下に両手を重ねて軽く数回押します。
そして指先を足の付け根辺りまで、斜め下に移動させます。
このS状結腸マッサージは、毎日就寝前に行なうなど規則的に続けることで腸のリズムができてくることでしょう。

マッサージを始める際には、自分の手が冷たくないか確かめてくださいね。
直接肌に触れてマッサージを行なう場合には、両手を温めてから始めましょう。


便秘と腹筋には深い関係があり、排便時には腹筋の力が必要ですし、腹筋がないと内臓を支えられず胃下垂になってしまいます。
胃腸が下がっていると、腸も十分な動きができなくなり、便秘を進めてしまいます。
まずは日頃からの運動不足を解消して、毎日少しずつでも続けられる体操を取り入れて腹筋をつけていくことが、便秘解消法のひとつです。

腹筋がないために胃腸が下がっている人が便秘になりがちなのは、からだの下の狭い部分に腸がぎゅうぎゅう詰めに収まっていて動きにくいためです。
このタイプの人の便秘解消法としては、腹筋をつける運動に合わせて、腸を適切な位置に戻す体操も取り入れると効果的です。

単純な方法ですが、逆立ちは下垂した胃腸を戻すために効果があります。
肩と頭を床につけ、両手で背中から腰のあたりを支えながら足を上げていきます。
なるべく垂直になるように膝を伸ばしましょう。
この運動には、腸を刺激する効果もあります。
自転車こぎ運動も腸を刺激します。
逆立ちの姿勢から、自転車のペダルをこぐように左右の足を回転させます。
つま先まで伸ばして行なうことを意識してください。

上体をひねる運動や、ラッコ体操も腸を適切な位置に戻し腸を刺激する効果があります。
ラッコ体操とは、膝を曲げて背中を丸めた状態で膝を抱えて座ります。
そのままゆっくり後ろに倒れ、反動を使って前後に2~3回ゆすってもとの姿勢に戻します。

無理のない範囲でこれらの運動を取り入れて、どんどん腸を刺激して動かしましょう。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

便秘解消のツボ
東洋医学においては、人間のからだには360以上のツボがあると言われているようで......
朝のスケジュール
今まで朝食抜きで過ごしていた人が便秘解消法の一つとして朝食を摂る習慣をつけた場......
すっきり出ていますか?
便秘に悩んでいる人はとても多く、特に女性では半数以上が自分は便秘だと思っている......
便秘の種類と宿便
特に病院にかかって治療をするほどでもないし、普段どおりの生活がそれなりに送れて......
健康な便とは?
いろいろ便秘解消法を試したけど、なかなかいいウンチが出ない、という人もいること......
ちょっと強引?な便秘解消法
最近、腸洗浄を行なっているクリニックも出てきています。 字の通り、腸を洗うわけ......
便秘を放っておくと・・・
本当は便秘ではないのに自分は便秘だと思い込んで不必要にいろいろな便秘解消法を試......

▲このページのトップへ